注文住宅のカーテンレール

注文住宅のカーテンレールは業者に頼む?自分で用意する?
どっちか迷うよね!それぞれのメリットを見て判断しよう!
  • 注文住宅のカーテンレールは業者で頼む?自分で用意する?
  • 業者で頼むor自分で用意するそれぞれのメリット
  • オーダーカーテンレールと既製品の違い
  • 注文住宅のカーテンレールを安くするコツ

をまとめました。

注文住宅のカーテンレールは業者で頼む?自分で用意する?

 

  • 手間を省きたいなら業者に頼む

カーテンレールのみ

カーテンレールを取り付けるときは、計測、レール選択、取付と手間がかかります。

特に、水平ににつけようとすると、なかなか難しい。手間を省きたいなら業者に頼みましょう。

 

  • 耐久性を重視するなら業者に頼む

既製品のレールは伸縮レール(自分で長さを調節)であることが多いです。

業者に頼む場合は、1本のレールをカットして、最適なサイズにしてくれます。

伸縮レールより、オーダーカットの方が耐久性は高いです。

 

  • コストをおさえたいなら自分で用意する

業者に頼む場合と自分で用意する場合では、3倍以上コストが違います。

コストをおさえたいなら、自分で用意しましょう。

 

  • DIYが得意なら自分で用意する

もし、DIYが得意で電動ドライバーを使い慣れているのであれば、自分で用意するのもいいかもしれません。

自分で作り上げたという達成感も味わえます。

 

  • カーテンレールを見せないなら自分で用意する

そもそも、カーテンでレールを隠してしまうのであれば、レールにこだわる必要はありません。

その場合は、自分で用意してもいいのではないでしょうか。

 

業者で頼むor自分で用意するそれぞれのメリット

オーダーカーテンレール

業者で頼むメリット

きれいに仕上がる

業者に頼む場合は、計測もお願いできます。

最適な長さのレールを選ぶことができます

取付作業もプロと素人では、仕上がりが段違い!

うちは、全て自分達で取り付けたのですが、水平器を使っても、若干傾いてしまいました。

 

同じテイストでまとめられる

業者の場合は、カーテンレール、カーテン、タッセル、タッセル留めを揃えられます。

  • 北欧っぽくしたい
  • 子ども向けにしたい

希望のテイストで揃えることも可能。

 

機能性カーテンレールも選べる

電動カーテンレールや断熱性の高いレール等、機能的なもの。

特に冬場の冷気は窓付近から。

家の断熱性を高めたい等、機能にこだわるなら業者に頼みましょう

 

自分で用意するメリット

コストを抑えられる

自分で用意すれば、コストは専門業者の3分の1の!

どのハウスメーカーもカーテン、カーテンレール代として30万円程度、別途見積もりされていました。

しかし、うちは土地と家でかつかつ。

カーテンにかける予算はありませんでした。

そこで、全てニトリでそろえ、自分達で取り付けることに。

例えば、幅2mの窓のカーテンレール

  • 既製品だと3,000円
  • 専門業者だとレールだけで8,000円(取付料別)

 

達成感がある

カーテンレールは1人ではつけられません。

最低大人2人が協力する必要があります。

家族で協力して取り付けると、達成感があります

 

スケジュール調整に困らない

オーダーレールの場合は

  • 計測
  • カーテンレール選び
  • 取付等

業者とスケジュールをすり合わせる必要があります
ただでさえ、引っ越し前後は忙しいのに、カーテン業者との打ち合わせはなかなか大変。

自分でつける場合は、スケジュール調整に困りません

 

オーダーカーテンレールと既製品の違い

  • フックの有る無し

ニトリ カーテンレール

オーダーカーテンレールの場合は、大抵フックもついています。

既製品の場合は、別途自分で購入しなければいけないことも。

 

  • オーダーカーテンレールは、納期に時間がかかる

オーダーカーテンレールの場合は、受注後にカット等を行うので、時間がかかります

注文してから2週間程はかかると思った方がよいでしょう。

既製品なら、すぐに持って帰って取り付けることができます。

 

  • 耐久性の違い

業者の場合は、レールを切断して、最適な長さにしてくれます。

既製品の伸縮レールは伸ばすとその分細くなります。

分厚いカーテンの場合、長年使うと重みで曲がってくることがあるそうです。

 

注文住宅のカーテンレールを安くするコツ

リビングだけこだわる

カーテンレールコスト削減

滞在時間の少ない部屋なら、それほどカーテンレールにこだわらなくてもよいのでは。

来客の多い部屋だけ良い物にするという方法も。

リビングだけ、オーダーレールにし、その他は既製品にすれば安く抑えられます。

 

モデルハウス契約にする

メーカーによっては、モデルハウス契約を結べるところも。

売れるかどうか分からないモデルハウスを建てるより、注文住宅を一定期間モデルハウスにする方がメーカーも助かります。

モデルハウスとしてお客さんに見ていただくには、カーテンや家具も必要ですよね。

公開終了後に、そのままカーテン一式をプレゼントしていただけるケースもあります。

 

提携割引を利用する

メーカーによっては、カーテン屋さんと提携しているところもあります。

うちの場合は、紹介割引で10%安くなりますと言われました。

数万単位安くなるので、大きいですよね。

 

まとめ

  • 注文住宅のカーテンレールは「おしゃれにしたい」「手間を省きたい」「耐久性を重視したい」なら業者で頼む
  • 「コストを抑えたい」「DIYが得意」「レールを見せない」なら自分で用意する
  • 業者で頼むメリットは、きれいに仕上がる、同じテイストでまとめられる、機能性カーテンレールも選べる。
  • 自分で用意するメリットは、コストを抑えられる、達成感がある、スケジュール調整に困らない。
  • オーダーカーテンレールと既製品の違いは、フックの或る無し、納期、耐久性
  • 安くするコツは、リビングだけこだわる、モデルハウス契約にする、提携割引を利用するなど

 

 

安く家を建てる方法は?

安く家を建てるなら、まずプロに相談

注文住宅を安く建てる

「どのくらいの予算で?」
「土地はどこにする?」
「間取りや家の広さは?」

家の値段は、人によってそれぞれ全然違いますよね。

そのため、自分に合った見積もりが必要なんです。

「でも、比較することが多すぎて嫌になる!」
ってあなたへ。

希望を入力するだけで、タダであなたの家づくり計画書を作ってくれるんです。

しかも、600社の注文住宅会社から比較してくれます。

自分で調べていくには、限界があるので、プロに頼むと安心ですね。
 

たった3分で終わります

↓↓↓

無料で見積もりだけしてみる

 
 
 

スポンサーリンク