TOP

スケルトン階段で後悔したことは?
子供の危険性や老後の問題などを交えてアドバイス!
  • スケルトン階段で後悔したことは?
  • 子供の危険や老後の問題
  • スケルトン階段で失敗しないコツ
  • スケルトン階段をおすすめする人しない人

をまとめました。

 

スケルトン階段で後悔したことは?

踏板の角で頭をぶつける

踏板の角

スケルトン階段は、通常の階段では出ることのない、踏板の角がむき出しになり、ちょうど顔や頭の高さに来るので、気を付けていないと角でケガをする可能性があります。

わが家でも、掃除などをするときは十分に気を付けていますが、ヒヤッとしたことも多々…。とくに小さな子供がいる家庭では、注意や対策が必要です。

 

  • 階段下の活用方法が限られる

階段下

スケルトン階段にすると、階段下収納が作れません。

わが家も「スケルトン階段にしたい!」と工務店に伝えた時に、収納が減り、デッドスペースになってしまうと言われたので、理解はしていました。

住み始める前までは、観葉植物やインテリアを置こうと思いましたが、何だかんだ後回しになり、結局未だに手をつけていない状態です。

スケルトン階段にする場合、階段下のスペースをどう活用するか、事前にイメージしておかないと、無駄なスペースになりますね。

 

  • たまったゴミが下に落ちる

通常の階段に比べて、スケルトン階段は蹴込板がない分、掃除しやすいですが、まめに掃除をしないと、階段にたまったゴミが下に落ちてしまいます。

特にリビング階段を採用する場合は、階段下にソファーやテレビを設置して、上からホコリが降ってくる…なんて悲劇も起こりかねません。

 

スケルトン階段での子供の危険

隙間から落下する危険性

小さな子供がいる家庭では、一番不安になる所ですよね。大人より身体が小さい分、隙間からすり抜けて転落する可能性は、十分に考えられます。

落下防止ネットを活用するなど、しっかりとした対策が必要です。

 

おもちゃなどを落とす危険性

おもちゃ

高さのある階段からおもちゃを落とされると、床に傷がつくのはもちろんですが、下に人がいたときは大きな事故になる可能性もあります。

子供の場合、遊びで落としたりする場合もあると思うので、注意が必要ですね。

 

スケルトン階段で遊ぶ危険性

実家の階段

子供は、どんな場所でも遊び場に変えますよね。それがスケルトン階段だと、危険性がさらに上がります。

わたしの実家は古い家ですが、今で言うスケルトン階段です。
子供の頃、階段を上り下りする際に、隙間から手や頭を出して驚かせる、という遊びが兄妹の間で流行っていました。今考えると、とてつもなく恐ろしい遊びですよね…。

危険なことが十分に理解できないからこそ、危険性はUPします。

 

スケルトン階段での老後の問題

蹴込板がないため、足を滑らせ転倒する危険性

階段名称

子供だけではなく、もちろん自分達の老後のことも考える必要があります。

スケルトン階段は、写真のような蹴込板がないため、足を滑らせ隙間にはまり、転倒する危険性もあります。

落下防止ネットや、踏板に滑り止めをつける、階段の両側に手すりをつけるなど、その時々に合わせた対策をしていくことが重要ですね。

 

スケルトン階段で失敗しないコツ

予算をしっかり確保しておく

予算

スケルトン階段は、限られた部材で強度を出すため、費用もかさみます。また手すりや側板(ささら桁)をアイアンで造作すると更に費用はUPします。

わが家が建てた工務店では、通常の階段より約2.1倍でした。アイアン手すりだけ採用し、側板(ささら桁)部分は木材にすることでコストを抑えました。

想像以上にコストがかかるので、スケルトン階段を採用するために、他のオプションを諦めたり、グレードを下げたりして、のちのち後悔しないようにしましょう。

 

危険性をしっかりと理解し対策をする

危険性

通常の階段に比べて、隙間が多いのがスケルトン階段です。圧迫感が軽減され、開放感を感じられる点では、大きなメリットになります。

ですが、子供の危険性でもお伝えしたように、転落や物の落下など、危険な面も多くなるので、落下防止ネットなどを活用し、未然に事故を防ぐ対策をする事が重要です。

 

スケルトン階段をおすすめする人しない人

後悔する人

オシャレだけを重視しすぎた

おしゃれを重視

SNSなどで、オシャレな事例をたくさん見て、憧れや理想が膨らみますよね。
スケルトン階段に限らず、オシャレさや見た目だけを重視して決めてしまうと、住みはじめて後悔することも。

  • リビング階段の場合、場所によっては下からスカートの中が見えてしまう
  • 家全体の物音が響きやすい
  • ペットを飼っている場合、怖がって上り下りができない場合もある

自分たちの家族構成や、設置環境・生活導線を把握し、住みはじめてからの世間の声も参考にすると、後悔は少なくなりますね。

 

  • 収納がたくさん欲しい人

階段下収納

収納スペースを少しでも多く確保したい人は、後悔するポイントになります。スケルトン階段を採用することで、使い道が限られてしまうので、デッドスペースになりがちです。

もちろん、本棚を置いたり、机を置いたりもできますが、見栄えが悪くなることもあります。せっかくスタイリッシュなスケルトン階段にしたのに、ちょっともったいないですよね…。

また、階段下に物を置きすぎると「階段からホコリやゴミが落ちて掃除が大変!」という声もあるので、しっかりと検討したいところです。

 

  • 費用を抑えたい人

費用を抑えたい

失敗しないコツでもお伝えした通り、スケルトン階段は通常の階段の費用より、平均約2〜3倍UPします。

費用を抑えたいと考えている場合は、大きなデメリットになるので、予算と相談して採用するか検討しましょう。

 

後悔しない人

  • スケルトン階段にする理由が明確な人

玄関からの階段

なぜスケルトン階段にしたいのか、理由が明確であれば、デメリットよりもメリットが大きくなり、満足度も上がりますよね。

わが家がスケルトン階段を採用した理由は「少しでも開放感があり、広く見せたい!」という思いからでした。

狭小地で玄関ドアを開けたらすぐに階段、という間取りのため、一般的な壁がある階段だと、圧迫感を感じてしまうからです。

少し高いオプションにはなりますが、「なぜ」を考えてすぐに答えが出れば、後悔も少なくなりますね。

 

スケルトン階段を採用した人の意見を聞く

世間の声

ハウスメーカーや、工務店のアドバイスはもちろん参考になりますが、自分達と同じような家族構成で、スケルトン階段にした人の意見を聞くのが、一番参考になりますよね。

メリット・デメリットを理解したうえで、SNSやブログ、YouTubeなどで、自分達がスケルトン階段を採用する上での注意点など、しっかりと調べて後悔のない選択をしましょう。

 

まとめ

  • スケルトン階段で後悔したことは、踏み板の角で頭をぶつける、階段下の活用方法が限られる、たまったゴミが下に落ちる
  • 子供の危険は、隙間から落下する危険性、おもちゃなどを落とす危険性、階段で遊ぶ危険性
  • 老後の問題は、蹴込板がないため、足を滑らせ転倒する危険性
  • スケルトン階段で失敗しないコツは、予算をしっかり確保しておく、危険性をしっかりと理解し対策をする
  • 後悔する人は、オシャレだけを重視しすぎた、収納がたくさん欲しい人、費用を抑えたい人
  • 後悔しない人は、理由が明確な人、採用した人の意見を聞く人

安く家を建てる方法は?

安く家を建てるなら、まずプロに相談

注文住宅を安く建てる

「どのくらいの予算で?」
「土地はどこにする?」
「間取りや家の広さは?」

家の値段は、人によってそれぞれ全然違いますよね。

そのため、自分に合った見積もりが必要なんです。

「でも、比較することが多すぎて嫌になる!」
ってあなたへ。

希望を入力するだけで、タダであなたの家づくり計画書を作ってくれるんです。

しかも、600社の注文住宅会社から比較してくれます。

自分で調べていくには、限界があるので、プロに頼むと安心ですね。
 

たった3分で終わります

↓↓↓

無料で見積もりだけしてみる

 
 
 

スポンサーリンク