注文住宅で土地が見つからない理由

注文住宅の土地が見つからない理由は?
探し方が悪いのかも!見つからない理由や解決策を教えるよ!
  • 注文住宅の土地が見つからない理由は?
  • 注文住宅の土地探しのかしこい選び方
  • 土地がどうしても見つからない場合の対処法
  • 注文住宅の土地探しで注意する点

をまとめました。

 

注文住宅の土地が見つからない理由は?

ネットだけで土地探しをしている

注文住宅で土地探しをネットで

よい条件の土地は、インターネットでは一般に出回っていないことがよくあります。

  • 不動産会社が直接お得意さんに紹介していたり
  • マンションや分譲地のためにハウスメーカーに売っていたり

するからです。

仲介会社を介さず、不動産会社が直接売ったほうが、会社の利益が大きくなりますよね。

まずは、直接、自分たちで販売するのです。

また大きな区画は、マンションや大きな分譲地用にドーンとハウスメーカーに売って、一気にもうけるのです。

売れなかった残りが、一般向けにインターネットで出回ります

インターネットで土地探しをしてみても、

「ピンとくるよい土地がいまいちないな」

と思うのは、そのせい。

また、土地の売り主の中には、インターネットへの掲載を希望しない人も。

不動産販売サイトなどに載っている土地情報は、出回っている分の半数以下であると言われています。

 

理想を求めすぎている

家づくりにも同じことがいえますが、100%希望通りの土地はまず見つからないといえます。

土地探しの相談をしていても、

「日当たりが悪そうだな…」

「駅から遠いから、ちょっと…」

などと、不満点ばかりが気になっていませんか?

でもそれでは、本当はよいと思われる土地を、逃してしまうかもしれません。

  • あれはダメ
  • これはダメ

と却下ばかりしていたら、いつまでも決まりません。

 

注文住宅の土地探しのかしこい選び方

希望するエリアを実際に見てみる

注文住宅で土地探しをする

希望のエリアがあるのなら、実際にそこを見て回ってみましょう。

ネットにも載っていなかった場所に、「売地」と看板が立っていることが。

また、看板すら立っていない空き地があったりします。

もしかしたら、これから売地になる予定の土地かもしれません。

見つけたら、看板にある不動産会社や、ハウスメーカーに連絡して、管理者を調べてもらうといいですよ

 

折り込みチラシをチェックする

条件のよい土地は、インターネットに載せなくても、チラシだけで宣伝になります。

チラシなら、仲介手数料がかからず、利益があがります。

そのため、ネットより掘り出し案件も多くなりやすいんですね。。

土日には、ぜひ折り込みチラシをチェックしてください。

 

自治体の保留地をチェックする

「保留地って何?」

土地区画整理組合が売り出す土地のこと。

土地区画整理では、

  • 複数の地主さんが持つ、形が悪くて使いにくい土地をあわせて整理して、もとの地主さんに渡す
  • 整理の過程で少しずつ土地をわけてもらい、道路や公園などに充てる
  • 整備されるので、土地の面積は減っても価値としては高くなる

のです。

新しく生まれた半端な土地が、保留地です。

保留地にはメリットがあり、

  • 相場よりも安い
  • 不動産会社への仲介手数料が不要
  • 土地として扱いやすく、まわりの環境もよい

と、好条件の土地なんです。

条件がよい分、希望者も多く抽選になることもしばしば。

運よく抽選に当たったら、ラッキーですね。

建物とセットでハウスメーカーに相談する

ハウスメーカーに土地探しをお願いすると、希望する土地に出会いやすくなるといえます。

よいよい家づくりのためには、土地と建物本体をセットにして、計画を立てていかなければなりません。

  • 土地と建物本体、それぞれの価格のバランス
  • 土地の形、道路の位置と間取り

などを考慮しながら、ハウスメーカーは家づくりを進めてくれます。

不動産会社は土地を売るだけなので、その先の家づくりに関しては、無関心な担当者がいるのも事実。

ハウスメーカーには、不動産業者専門の土地情報システムがあります。

また、不動産会社と連携して、まだ世の中に出回る前の情報を持っていることもあります。

 

土地がどうしても見つからない場合の対処法

  • 希望に優先順位をつけて妥協する

注文住宅で土地が見つからない時の対応

希望に沿う土地が見つからなかったら、

  • 希望条件を見つめなおして
  • 優先順位をつけて

みましょう。

ハウスメーカーとも相談しながら

  • 駐車場がほしいから、最低限の広さはゆずれない
  • 日当たりは、家の間取りでどうにかしよう

と考え直して、妥協できる点、できない点を明確にしてください。

見逃していた条件よい土地が、見つかるかもしれませんよ。

  • 希望通り100点満点の土地は、まず見つからない
  • 70点くらいでも十分

と考え、カバーできるところは家の間取りを工夫してみましょう。

重要なのは、優先順位1位、できれば2位までの条件は、なるべく絶対に叶えるということ。

70点の土地でも、家づくりの工夫で十分満足できるでしょう。

 

  • エリアを広げる、変える

希望エリアだけでなく、

「近隣でも探してみたら、好条件の土地が見つかった」

って声も。

立地がいいなど人気のエリアは、たとえ割高だとしてもよく売れるもの。
自分がいいと思う土地は、ほかの人もいいと考えています。

  • 駅から徒歩圏内
  • 人気の学区
  • 近くに大きな公園がある

などのエリアは魅力的に感じます。

でも、希望エリアから少し離れても、

  • 価格がグッと下がった
  • 希望エリアにはなかった施設が近くにある
  • 駅前でないので、治安がいい

と考え直してみて、他のエリアにも目を向けると新しいメリットが見えてきます。

 

  • 人気のない土地も検討してみる

一見、使い勝手が悪そうなで人気のない土地にも、目を向けてみてください。

  • 旗竿地(隣家に囲まれた土地で、日当たりを確保しづらい)
  • 傾斜地

は、人気がなくいくつか売れ残っていることがあります。

候補に入れれば、土地の選択肢が増えますよ。

家の間取りを工夫したりすれば、住み心地がよくなるかもしれません。

また、取り壊すことを前提にして、古い家が残っている土地を見てみるのもいいでしょう。

使い勝手が悪くて、なかなか買い手のつかない土地は、不動産会社もどうにか売りたいと考えているもの。

交渉すれば、かなりの値引きに成功するかも。

 

注文住宅の土地探しで注意する点

期限を決めておく

注文住宅で土地が見つからないなら期限を決める

土地探しはいつまでに終えるか、ある程度の期限を決めておくことも必要です。

土地との出会いは、運でもあります。

いつ、どんなタイミングでよい土地に出会うのかは、わかりませんよね。

いくら不動産会社がよいと思う条件の土地を提案しても、期限がなければ、決断しにくくなります

「まだほかにも何かよい土地が見つかるかもしれないな。もっと待ってみようかな。」

と、いつまでも決められなくなってしまうかもしれません。

いつまでも決断できずにダラダラ過ぎていくと、不動産会社やハウスメーカー側も、真剣に取りあってくれなくなる可能性がでてきます。

 

いざとなったら決断する

条件のよい土地は、他の人もよいと思っています。

せっかく紹介されたのに、購入を迷っていたため、すでに契約されてしまったということも起こるかもしれません。

土地探しのときには、契約するかどうか、急に決断を迫られることもあります。

すばやく判断できるようにしておきましょう。

そのためには、やはり優先順位を明確にしておいて、契約するかどうかを判断しやすくしておくことが重要です。

土地探しにかける期間は人それぞれ。

1か月でサクッと決まる人もいれば、なかには2年以上かかる人も。

その差の1つが、決断力であるといえます。

 

まとめ

  • 注文住宅の土地探しは、100%理想にかなう土地はないと心得る
  • ハウスメーカーによっては、ネット以外のチラシや現地、自治体の情報などをチェック
  • 希望条件に優先順位をつけ、妥協。他エリアや、人気のない物件にも目を向ける
  • 土地探しは本気で、不動産会社やハウスメーカーにも真剣にさが伝わるように。
  • いざというときの決断力も必要

安く家を建てる方法は?

安く家を建てるなら、まずプロに相談

注文住宅を安く建てる

「どのくらいの予算で?」
「土地はどこにする?」
「間取りや家の広さは?」

家の値段は、人によってそれぞれ全然違いますよね。

そのため、自分に合った見積もりが必要なんです。

「でも、比較することが多すぎて嫌になる!」
ってあなたへ。

希望を入力するだけで、タダであなたの家づくり計画書を作ってくれるんです。

しかも、600社の注文住宅会社から比較してくれます。

自分で調べていくには、限界があるので、プロに頼むと安心ですね。
 

たった3分で終わります

↓↓↓

無料で見積もりだけしてみる

 
 
 

スポンサーリンク