注文住宅をどこで建てるのか

注文住宅はどこで建てる?
依頼する場所もよくわかんないよね!ハウスメーカーや工務店、設計事務所で迷った時の選び方を教えるよ!
  • 注文住宅はどこで建てるべきか
  • 迷った時の選び方の注意点
  • どこで頼むかを相談できる場所

をまとめました。

注文住宅はどこで建てる?

  • 大きく分けて3つの場所から選ぶ
  1. ハウスメーカー
  2. 工務店
  3. 設計事務所

の3つの場所から注文住宅を依頼します。

それぞれのメリットデメリットを把握して、自分に合った場所で依頼することが大切ですね。

1つ1つ具体的に見ていきましょう!

 

ハウスメーカー

  • 用意されたラインナップの中からカスタマイズしていく家作り方法

注文住宅をハウスメーカーで建てる

日本全国に展開する、住宅会社のことを、ハウスメーカーと呼びます。

数種類ある標準仕様のプランを、施主の要望に合わせて、設計の変更や、オプションなどを、追加していきます。

 

ハウスメーカーのメリット
  • 会社の規模が大きく、ネームバリューがあるから信頼が高い
  • 全国的にモデルハウスがあり、見学ができてイメージしやすい
  • 仕様が規格化されていて、短期間で家が完成する
  • アフターメンテナンスや、長期保証制度などが、充実している
  • 大手メーカーが多く、経営が安定している

ハウスメーカーは、ブランド力があり、品質や保証も安定しています。

長い目で見た、安心感を重視したい人に、メリットがあるでしょう。

 

ハウスメーカーのデメリット
  • 広告費などの、コストがかかることから、住宅価格が高め
  • 自由設計にしても、制限が多く、融通がききにくい
  • 契約後は、変更ができないことが多い
  • 営業担当は、ノルマや歩合があるから、強引な営業になりがち

仕様が規格化されているので、設計の自由や、融通がききにくいのが弱点

家作りに強いこだわりがあり、完全オーダーメードがいい人には、向かないでしょう。

 

工務店

  • 地元の建設会社で地域密着型

ハウスメーカーよりも、小規模な住宅会社です。

担当者と入念に話し合い、家をゼロから作っていく、完全オーダーメード型の家作りです。

 

工務店メリット
  • 住宅価格が安い
  • 地域密着型だから、要望に柔軟に対応してくれる
  • 自由度の高い間取りにできる
  • 評判の大工や職人を指定できることもある

規格商品がないので、仕様やプランなどは、基本的に制限がありません。

家作りにこだわりたい人には、メリットとなるでしょう。

 

工務店デメリット
  • 柔軟に対応してくれる分、工期が長くなることも
  • 施工に力を入れるところもあり、提案力不足になりがち
  • 小さな会社が多く、倒産してしまうことも
  • 工務店によって、品質や保証などが違う

家作りに、あまり時間をかけれない人、品質や保証を重視したい人には、向かないでしょう。

 

設計事務所

  • 設計に特化した、オンリーワンの家作りができる

設計事務所は、設計のみ行い、施工は工務店などに依頼します。

独自性のある設計が特徴で、自由度の高い、オリジナルの家作りができます。

 

設計事務所メリット
  • 設計に特化していて、デザイン性が高い
  • 自分好みの、オリジナルの家作りができる
  • 土地の広さや形に合った、家作りができる
  • 設計事務所が、図面通り施工できているかチェックするので、手抜き工事になりにくい

 

自分の希望に合った設計をしてくれて、こだわりを詰め込むことができます。法令と予算内であれば、工法も間取りも、自由に設計できます。

家作りに、とことんこだわりたい人には、大きなメリットとなるでしょう。

 

設計事務所デメリット
  • 設計料と監理料の費用がかかる
  • ローンを組む場合、自分で融資の段取りが必要

コストが高く、ある程度の手間もかかります

設計に特化している分、打ち合わせもかなりの時間が必要で、時間を十分に作る必要があるでしょう。

 

注文住宅をどこで頼むか迷った時の選び方の注意点

デメリットを話さない会社は要注意

注文住宅をどこで建てるのか選び方の注意点
どの住宅会社にも、デメリットは必ずあります。

デメリットを話さない会社は、契約後や、住み始めてから、トラブルが起きがち。

契約前は、必ずどの会社にも、デメリットを聞いておきましょう。

 

契約を急かされたら、一度持ち帰ってよく考える

住宅会社によって、ノルマのある会社は、契約を急かしてくることがあります。

契約後の変更や、解約はなかなかできない場合が多いです。

  • 気になること
  • 分からないこと

は、営業担当者に、細かく聞くと良いでしょう。

一番確実なのが、一度家に持ち帰り、聞きたいことをリストアップしてから、担当者に聞くと安心です。必ず自分が納得してから、契約しましょう。

 

住宅完成保証制度に加入している会社かどうか確認

特に、工務店は小規模な会社が多く、倒産してしまう可能性があります。

住宅完成保証制度に、加入している工務店であれば、倒産した時は、別の会社が引き継いでくれます。

前払い金などが、保障されるので、負担を最小限に、抑えることができるでしょう。

 

注文住宅をどこで頼むか相談できる場所は?

注文住宅相談窓口に行く

注文住宅をどこで建てるか相談
相談窓口は、自分の希望に合う住宅会社を、紹介してもらえます。自分では探せないような、自分好みの会社に出会えることも。

紹介してもらった住宅会社に行って、自分に合わなかった時は、代理で断ってもらえます。

何かあれば、相談窓口が、間に入ってくれるので、安心です。

 

実際に家を建てた友人に話を聞く

実際に家を建てて、住んでいる経験者に話を聞くことは、信頼性もあり、とても重要です。住んでみないと分からない情報も、たくさんあります

住宅会社の、リアルなメリット・デメリットを聞けるはずです。

 

ネットで各住宅会社の情報や口コミなどを参考にする

悪い評判は、SNS などですぐ広まるので、口コミなどを、参考にするのもいいでしょう。

施工数が多い住宅会社は、信頼できる一つの目安となります。

 

まとめ

  • 注文住宅をどこで建てるか迷ったら、住宅会社の特徴から理解するように
  • 住宅会社によって、設計の自由度や、保証制度が違うので、自分に合った会社を選ぶ
  • メリット、デメリット、保障内容などを、しっかり理解した上で、住宅会社を決める
  • 住宅選びに迷ったときは、相談窓口や、友人、SNSで情報収集

安く家を建てる方法は?

安く家を建てるなら、まずプロに相談

注文住宅を安く建てる

「どのくらいの予算で?」
「土地はどこにする?」
「間取りや家の広さは?」

家の値段は、人によってそれぞれ全然違いますよね。

そのため、自分に合った見積もりが必要なんです。

「でも、比較することが多すぎて嫌になる!」
ってあなたへ。

希望を入力するだけで、タダであなたの家づくり計画書を作ってくれるんです。

しかも、600社の注文住宅会社から比較してくれます。

自分で調べていくには、限界があるので、プロに頼むと安心ですね。
 

たった3分で終わります

↓↓↓

無料で見積もりだけしてみる

 
 
 

スポンサーリンク