子供部屋アクセントクロスTOP

子供部屋のアクセントクロスで後悔したことは?
成功例や失敗しないコツもまとめて紹介するね!
  • 子供部屋のアクセントクロスで後悔したことは?
  • 子供部屋のアクセントクロスで失敗をなくすコツ
  • 子供部屋のアクセントクロスの成功例
  • 子供部屋のアクセントクロスがいらない人

をまとめました。

 

子供部屋のアクセントクロスで後悔したことは?

女の子

可愛らしすぎるピンク系の色にした

可愛らしすぎるピンク系の色にした

女の子=ピンクのイメージをしがちですよね。また子供が選ぶ場合、小さいうちは今好きな色や柄、キャラクターものを選びがちです。

ですが、中学生や高校生など年頃になってくると好みも変わり、あまりにも可愛すぎる部屋だと、恥ずかしくて友達を呼べない…など後悔の声もあります。

子供の成長を考えたうえで選びたい所ですね。

 

男の子

ポップな柄にしすぎて飽きてしまう

ポップな柄にしすぎて飽きてしまう

男の子の場合、興味を持ったことに対して夢中になりやすいですが、飽きるのも早く、関心を持つ物がどんどん変化していく、という傾向が多いようです。

例えば、動物、キャラクター、車、電車など、小さいうちは子供らしいポップな部屋になりますが、女の子と同様、大きくなるにつれて恥ずかしくなったり、飽きてしまう場合があります。

 

暗い色にしすぎて重たい空間に

暗い色にしすぎて重たい空間に

先ほどとは反対に、男の子だからカッコいい色を…!と考え、黒やグレーなどを使用した結果、部屋の雰囲気が重たくなってしまったとの声も聞きます。

また、小さいうちは、おもちゃを壁になげつけクロスに傷がついたり、壁に落書きしたりする場合がありますよね。個性的な壁紙の場合、自分達での修復が難しい場合もあるので注意が必要です。

 

子供部屋のアクセントクロスで失敗をなくすコツ

  • 子供の意見だけを採用しない

子供の意見だけを採用しない

子供が中学生や高校生の場合、この先大きく趣味が変わったりすることも少なく、先のことも考えて選んでくれますが、小さい子供の場合は、今好きな色、今好きなキャラクターなどを優先して選ぶことが考えられますよね。

もちろん将来張り替えることもできますが、クロスの張り替えは業者に依頼すると、広さにもよりますが約25,000円〜50,000円と決して安い金額ではありません。

小さい子供の部屋のアクセントクロスを選ぶ場合は、子供の意見を取り入れつつ、一緒に選ぶことをオススメします。

 

奇抜なデザインならクローゼットの中に採用する

クローゼットの中に採用する

原色やビビットカラー、キャラクターやアニマル柄など、子供が選ぶものの中には奇抜なデザインがあります。

どうしても採用したい場合、クローゼットの中に採用すると、子供が大きくなってからも、部屋のインテリアや雰囲気を壊すこともないですね。

 

はがせる壁紙シートを活用する

はがせる壁紙シートを活用する

子供が小さいうちは、やっぱり可愛いポップな壁紙にしたい!でも将来子供が大きくなったときに張り替えるのも大変…という人も多いと思います。

DIYで自身で張り替える人もいますが、初心者にはなかなか難しいですよね。

可愛いポップな壁紙にしたい場合でも、簡単に雰囲気が変わる壁紙シートが便利。壁紙シートも上手く活用すると、アクセントクロスをより楽しめます。

 

子供部屋のアクセントクロスの成功例

パステルカラーやくすみカラーを採用する

パステルカラーやくすみカラーを採用

原色やビビットカラーを使うことで、きつい雰囲気になり、子供も落ち着かない…という可能性もあります。同じピンクや青でも少し色を柔らかくするパステルカラーにしたり、くすませたりするだけで、落ち着いた雰囲気になりますよね。

アクセントクロスは色の種類が豊富で、同じ色でもメーカーによって雰囲気も違うので、色々比較してみるのもとても楽しいですよ。

 

  • 黒板クロスで遊び心満載!

黒板クロスで遊び心満載

子供が小さいうちは、知らないうちに壁や床に落書きをされていたり…という事が考えられますよね。

それならはじめから落書きOKな壁紙が一か所あると、心置きなく落書きしてもらえます(笑)遊び心があって、とってもおしゃれですよね。

お絵描きが好きな子供がいるご家庭は検討してみてはいかがでしょうか?

 

子供部屋のアクセントクロスがいらない人

好きなデザインのカーテンを部屋のアクセントにする

好きなデザインのカーテンを部屋のアクセントに

アクセントクロスを子供に選ばせるのは…という人は、カーテンを好きな色や柄にするのがオススメです。

子供が大きくなると、好きな色や趣味が変わり、将来クロスの張り替えが必要になるケースが出てきます。手間と費用がかかるリスクがありますが、カーテンなら買い替えるだけで、手間も費用もクロスよりはかからず、十分部屋のアクセントになりますね。

 

ウォールステッカーを活用する

ウォールステッカーを活用

将来の事を考えて、アクセントクロスを採用しなかったけど、小さいうちは可愛い部屋にしてあげたい!という人には、ウォールステッカーもオススメです。

子供に好きな柄を選んでもらえるのはもちろん、ハロウィンやクリスマスなど、季節のイベントに合わせて簡単に張り替えられるのも、ウォールステッカーのメリットですね。

 

  • 紙クロスを採用し将来塗り替えたい人

紙クロスを採用し将来塗り替えたい人

一般的に需要の高いビニールクロスの他にも、紙クロスがあります。わたしも家づくりをして初めて存在を知りました。紙クロスの特徴は塗り替えができることなので、まずは白のクロスにして、将来子供と一緒に好きな色に塗り替えることも可能です。

子供部屋のアクセントクロスは悩むことも多いですが、子供の意見を尊重しつつ、自分の部屋を好きになってくれるような環境づくりが大切ですね。

 

まとめ

  • 子供部屋のアクセントクロスで後悔したことは、女の子なら可愛らしすぎるピンク系の色にした、男の子ならポップな柄にしすぎて飽きてしまう、暗い色にしすぎて重たい空間に
  • 失敗をなくすコツは、子供の意見だけを採用しない、奇抜なデザインならクローゼットの中に採用する、はがせる壁紙シートを活用する
  • 成功例は、パステルカラーやくすみカラーを採用する、黒板クロスを採用した
  • 子供部屋のアクセントクロスがいらない人は、好きなデザインのカーテンを部屋のアクセントにする、ウォールステッカーを活用する、紙クロスを採用し将来塗り替えたい人

 

安く家を建てる方法は?

安く家を建てるなら、まずプロに相談

注文住宅を安く建てる

「どのくらいの予算で?」
「土地はどこにする?」
「間取りや家の広さは?」

家の値段は、人によってそれぞれ全然違いますよね。

そのため、自分に合った見積もりが必要なんです。

「でも、比較することが多すぎて嫌になる!」
ってあなたへ。

希望を入力するだけで、タダであなたの家づくり計画書を作ってくれるんです。

しかも、600社の注文住宅会社から比較してくれます。

自分で調べていくには、限界があるので、プロに頼むと安心ですね。
 

たった3分で終わります

↓↓↓

無料で見積もりだけしてみる

 
 
 

スポンサーリンク