4,000万円台の注文住宅の体験談を知りたい!
注文住宅で新築を建てた、体験談を紹介していきます。
  • 【注文住宅4000万円台の体験談】私の注文住宅の情報
  • 注文住宅を建てようとしたきっかけ
  • 私の注文住宅のこだわりポイント
  • セキスイハイムを選んだ理由
  • 注文住宅を建ててよかったこと
  • 注文住宅を建てる中で苦労したこと
  • 完成後、後悔したこと、こうしたら良かったと思うこと
  • これから注文住宅を建てる人へアドバイス

をまとめました。

 

私の注文住宅の情報

注文住宅の詳細

  • 約4,900万の注文住宅、木造2階建て

家を建てた後

  • こだわりポイントリラックスできるリビング
注文住宅の詳細
メーカー名 セキスイハイム
費用 約4,900万円
完成までの期間 約7か月(2018年7月から2019年2月)
建物坪数 37,2坪
構造 木造2階建て
場所 山口県
住む家族の構成 体験者35歳、夫42歳、長女4歳、長男0歳
家を建てた時の年齢 33歳

間取り図の詳細

家を建てる前

1階図面

2階図面

注文住宅を建てようとしたきっかけ

  • 古い借家に住んでいたため

古い家

築40年で、3DKの木造平屋に住んでいました。古い建屋のため、あちこちが痛んでいて、家の裏庭が竹やぶのため、いろんな虫が家の中に入ってきて大変でした。「新しい家に住んでみたい」、と思うようになり、家づくりに興味がわいてきたのがきっけです。

 

  • ずっと賃貸暮らしが不安だった

賃貸なので、いつかは引っ越すときは来ます。「ずっと同じ場所に居たい」、と思ったことがきっかけです。

 

  • 子どもの成長のタイミング

子どもが成長するとともに、これからお金の負担が大きくなることを考えて、家を購入するのを検討したのがきっかけです。

 

私の注文住宅のこだわりポイント

  • 室内を解放感いっぱいにしてくれるボウウィンドウ

ボウウィンドウの写真

室内の開放感があって、居心地のいいリビングが欲しいと思っていました。いろんな情報を得るなかで、ボウウィンドウを一目みて、すぐに決めました。

昼は開放感があって、気持ちがよく、天気のいい日には、日差しが差し込んできて、とても気持ちがいいです。

 

  • リビング、和室を見渡せるキッチン

キッチンから見るリビング

キッチンから、リビングと和室が見えるので、子どもの遊んでいる様子や、愛犬が見られるので、安心して料理ができます。また開放的なリビングなので、楽しんで料理をしています。

 

  • トリミングができる部屋

トリミングの部屋の写真

トリミングの仕事をしているので、ひと部屋を、トリミングができるようにしました。

いつかは、自分の家でトリミングをしたい、と思っていたので、「夢がかなった」、と幸せいっぱいです。

  • リビングを通らないと2階に階に行けない間取り

玄関から2階に上がる写真

玄関を開けて、2階に階に上がるのに、必ずリビングを通ってからしか行けない間取りにしました。

玄関を開けて、2階にあがる前に、必ずリビングを通るので、子どもの顔色で、その日の状況がわかり、コミュニケーションがとりやすいです。

 

セキスイハイムを選んだ理由

  • 間取りの変更ができる

間取りの変更

家を建てたあとでも、間取りの変更ができて、部屋の大きさを選べる自由度が高かったのが、セキスイハイムを選んだ理由です。

子どもが増えたり、両親との同居を選んだりと、将来の家族の変化があります。

部屋数がもっと必要になったり、不要になったりしますが、セキスイハイムでは、間取りの変更を、住みやすいようにしてくれるからです。

 

  • 夏も冬も快適だから

住宅そのものが、優れた機密・断熱性能を持っているので、夏も冬も快適に過ごせます。家じゅう快適な温度を保つことができます。

また「空気工房」、という換気システムで換気、除湿を行い、カビや雑菌の繁殖を抑制し、イヤな臭いを付きにくくしてくれるので、きれいな空気の部屋で過ごせます。

 

  • 安心・安全の長期保証がある

セキスイハイムでは、安心・安全の「60年・長期サポートシステム」、があります。

60年間、無料で住まいの状態を定期的に診断してもらえます。他の建築会社と比較しても、充実したアフターサービスで「建てた後の安心感」があります。

 

注文住宅を建ててよかったこと

  • 自分たちに合ったサイズの家に住める

じぶんたちに合った家

  • キッチンを使いやすく、子どもが遊びやすいようする
  • お風呂を快適に、洗面所を使いやすいようにする
  • トイレを広くして、使いやすく快適にする

実際に生活する中で、使いやすさに重点をおき、自分たちに合ったサイズの家で、注文してできました。

家の間取りや配置を、自由に決められたので、
「ここが自分たちの家だ」
って満足感があります。

オーダーメイドなので「世界にどこにもない家」に住めるのがよかったです。

 

  • 家具をあとから買わなくてすむ
  • こだわりの家具を備え付けられる
  • テレビ台がつけられる
  • 食器棚がつけられる
  • 洗面所の棚がつけられる

オーダーメイドで家具を備え付けできるので、あとから買わなくて済みます。こだわった家具を選んだので、使い勝手がよく、ストレスなく使用できます。

 

注文住宅を建てる中で苦労したこと

  • こだわりで費用が上がる

こだわりで費用があがる

注文住宅は、こだわりで費用が、どんどんあがってしまいます。

  • 間取りが決まらない
  • 寝室は広くしてほしい
  • LDKと和室をひと続きにしたい
  • 天井を高くしてほしい

こだわりの要望は、いくつもあります。

家全体の間取り図が、おおまかにしかわからず、ハウスメーカーの担当者さんとの打ち合わせのなかで、妥協をして、最終的に間取りができました。

 

完成後、後悔したこと、こうしたら良かったと思うこと

  • 外構工事を別にして、お金が別途にかかった

外構工事にお金がかかった

「どこにもないこだわった外溝にしたい」との想いで外溝工事を後回しにしましたが、住宅ローンとは別に、お金がかかってしまい、痛い出費となってしました。

 

  • 収納スペースが思ったより足りなかった

収納スペースを多くとったつもりでしたが、住みだすと、まったく収納ができませんでした。

 

  • ペット対応のフローリングにすればよかった

フローリングを、ペット対応にしていなかったので、家を走りまわるたびに滑ります。家を検討するときは、ペットを飼っていなかったので、後になってから、後悔しています。

 

これから注文住宅を建てる人へアドバイス

  • ハウスメーカーの担当者さんと信頼関係をつくる

ハウスメーカーさんと信頼関係をつくる

ハウスメーカーの担当者さんに、ちょっとした質問や、疑問を遠慮せずに連絡して、問題をはやく解決することをお勧めします。なぜなら、家を建てるのは、とても大きな買い物だからです。

連絡を取り合う中で、すり合わせを行うことにより、お互いに、信頼関係が生まれます。細かなやり取りが、よりよい家づくにつながるんですね

 

予算を決めておく

予算を決めてから、絶対にオーバーしないように打ち合わせしましょう。

いろんなものを取り入れていくと、気づいたら「予算をオーバーした」と困ることに。あとで、気に入って取り入れたものを削り、最終的には、納得がいかない家になる危険性もあります。

「予算より少しオーバーするくらいはいいか」
と思っていると、最終的には、予算を相当にオーバーしてしまうのですね。

大事なことは「絶対にとり入れるリスト」を作成して、自分が納得できるようにしておくことです。

 

情報収集は確実にしましょう。

土地探しの情報収集は、住みたいエリアを決めてから、インターネットで探してみましょう。

土地の相場がある程度わかりますので、工務店、ハウスメーカーに行くと話がスムーズになります。

 

住宅展示場に足を運ぶ

住宅展示場は、いろんなハウスメーカーがあるので、できれば全部まわってみてください。

ハウスメーカー担当者の対応がみられて、こだわりの素材から工法やデザイン性がわかり、特徴を理解しやすくなります。

 

完成見学会に参加する

完成見学会は、実際に家を建てた人から、土地選びからこだわったことや、大変だったことを聞くことができて、たいへん参考になり、自分の家づくりのイメージができます。

 

家のデザインは、住宅情報誌、住宅情報サイトで調べる

家のデザインは、とても情報が豊富で、何がいいのか本当に悩みます。さまざまな建てかた、仕様があるので、住宅情報誌や住宅サイトは、自分が希望する建物の参考になります。

 

まとめ

  • 注文住宅を建てたきっかけは、古い建屋のため、あちこちが痛んでいて、居心地が悪かったこと。家の中に頻繁に虫が入ってきた、賃貸なので、ずっと同じ場所に居たいと思った、子どもが成長するとともに、これからお金の負担が大きくなることを考えて、家を購入するのを検討した。
  • 私の注文住宅のこだわりは、室内を、解放感いっぱいにしてくれる、ボウウィンドウ、リビング、和室を見渡せるキッチン、トリミングができる部屋、2階にあがるまでの間取り
  • セキスイハイムを選んだ理由は、間取りの変更ができる、夏も冬も快適だから、安心・安全の長期保証があること
  • 注文住宅を建ててよかったことは、自分の思った家作りができて、満足感がある、オーダーメイドで、家具を備え付けできるので、あとで買わなくて済むこと
  • 注文住宅を建てる中で苦労したことは、こだわりで費用が上がる、間取りが決まらなかったこと
  • 完成後、後悔したことは、外構工事を別にして、お金が別途にかかった、収納をもっと増やせばよかった、ペット対応のフローリングにすればよかったこと
  • これから注文住宅を建てる人へのアドバイスは、ハウスメーカーの担当者さんと信頼関係をつくる、予算を確実に決める、情報収集は確実にすること

 

後悔しない家づくりとは?

  • 家を建てる予算を決めたら絶対にブレない

予算を決めたら絶対にブレない

家を建てる前は、予算を決めたら、絶対にブレないようにしていきましょう。

いいものを取り入れすぎて、予算がオーバーしても「まあいいか」、となってしまいます。「絶対に取りいれるリスト」、を作成して、自分が納得できるようにしておくことがたいせつです。

 

住みたいところを明確にして土地を探す

将来、ずっと暮らす場所ですので、自分が住みたいところを明確にして、土地を探してみてください。住みたいところが決まれば「どこ工務店、ハウスメーカーにするのか」、です。

いろんな展示場、見学会に足を運んでみたり、情報誌やインターネットで調べてみたりと、得られる情報を、なるべく多く取り入れてから、建てる工務店や、ハウスメーカーを決めてみてください。

そうすれば、後悔のしない自分の家づくりができますよ。

 

安く家を建てる方法は?

安く家を建てるなら、まずプロに相談

注文住宅を安く建てる

「どのくらいの予算で?」
「土地はどこにする?」
「間取りや家の広さは?」

家の値段は、人によってそれぞれ全然違いますよね。

そのため、自分に合った見積もりが必要なんです。

「でも、比較することが多すぎて嫌になる!」
ってあなたへ。

希望を入力するだけで、タダであなたの家づくり計画書を作ってくれるんです。

しかも、600社の注文住宅会社から比較してくれます。

自分で調べていくには、限界があるので、プロに頼むと安心ですね。
 

たった3分で終わります

↓↓↓

無料で見積もりだけしてみる

 
 
 

スポンサーリンク